子どもが急に手を動かせなくなったら!? 知っておきたい肘内障の原因と予防について

肘内障と呼ばれる子供特有の橈骨頭の亜脱臼の可能性

小学校に上がる前までの子供さんで、親や兄弟に急に腕を引っ張られた後から、腕を動かさなくなったら肘内障と呼ばれる子供特有の橈骨頭の亜脱臼の可能性が考えられます。その他にも子供が寝返りをする時に前腕が回内(手の甲を上にして親指が下になった向き)方向に捻じれることで起きることもあります。

 

子供はなぜ肘内障になるのか?

子供の骨は、成長とともに大人の骨の形に近づいていきます。

橈骨頭と呼ばれる骨は大人の骨の形と比べて小さく、前腕を回内(手の甲を上にして親指が下になった向き)した状態で引っ張られると輪状靭帯の下に潜り込み、固定されてしまいます。その為、自分で腕を動かす事が出来なくなってしまいます。

 

 

この肘内障は問診や状態で判断でき、病院でレントゲンを撮影する必要もなく、整骨院でも整復をし、すぐに動かす事が可能になります。転んで手や肘を着いた、はっきりとした原因が分からない場合は、他の怪我が起きている可能性もあります。

 

肘内障を防ぐ手の繋ぎ方

 

%e8%82%98%e5%86%85%e9%9a%9c%e3%81%ae%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%b9%8b%e3%81%8e%e6%96%b9

左の写真のように子供の親指が下を向いた状態で手を繋ぐと前腕が回内という肘内障が起きやすい肢位になってしまいます。この繋ぎ方のまま子供が前に行く、後ろに行くなどするとより前腕が回内します。この時に引っ張ってしまうと肘内障が発生しやすくなります。それを防ぐには右の写真のように子供の親指を上に向けて、自分の親指を握らせるようにすると親指で前腕が回内するのを防ぐので、この肢位で引っ張っても肘内障は起きることはありません。

 

子どもの手が動かせなくなったらすぐ御来院を

当院では、問診、視診、触診や超音波観察装置(エコー)などにより病態をしっかりと判断して治療を行っています。病院での検査が必要な場合は、紹介状を書きますので安心して御来院ください。