当院の特徴,施術内容

①  問診、視診、触診、 整形外科的テストにしっかりと時間をかけ、状態の把握に努め、患者一人一人に応じた治療を行います。

当院では、問診、触診、徒手検査をしっかり行ったうえで治療します。また超音波画像観察装置を取り入れており、患部の状態をリアルタイムに観察が出来ます。それにより治療方針や固定など適切な時期に適切な治療を行えます。

 

治療できる範疇の症状かを判断して、必要に応じて専門医を紹介致します。

専門医との連携がある為、明確な診断のもと、当院で治療を受けることができます。

 

②外傷のスペシャリストとして骨接ぎならではの医療を提供します。

外傷を扱う柔道整復師の役目は、損傷した組織の修復を図ることです。外傷の予後(その後の経過)は、初期をどう過ごすかによって大きく変わってきます。

組織の治癒過程において、医学的根拠に基づいた固定や運動療法、生活指導を行い、早期回復を目指します。

 

保険適用外の無痛療法

保険で取り扱える内容は、骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れなどの怪我に限られます。

保険の性質上、必要最低限の治療しか行えません。例えば、足関節を捻挫した場合、足関節しか治療することが出来ず、それをかばって痛くなった下腿部の痛みや張りは保険外となります。

早く日常生活が送れるようになりたい、スポーツ復帰したい患者にとっては行き届いた治療とは言えません!

院長の行う治療は、マッサージや関節をバキバキ鳴らす治療ではなく、痛みのないストレッチのような治療です。

最初は、治療を受けてる感じがしないと思われますが、ソフトな刺激で筋肉や神経を働きやすいようにして関節の動きや痛みを改善していきます。

多くのプロスポーツ選手、オリンピック選手に選ばれている小波津 祐一(こはつ ゆういち)先生に治療を指導して頂き、より良い治療が提供出来るように努めております。

何処に行っても良くならない、整形外科では安静にするしかない、何とか試合に出れるようになりたいなどの患者は院長の保険外治療をお勧めします。

当院の保険外治療例

直方市在住 高校1年生 男子バスケットボール選手 右膝関節前十字靭帯(ACL)断裂 受傷直後の改善例

福岡市から来られた40代 男性 左アキレス腱断裂手術後、週2回リハビリを3ヵ月していたが全くしゃがめなかった患者の改善例

大分県から来られた高校1年生 女子ハンドボール選手 左膝関節半月板ロッキング 受傷当日の改善例

北九州在住20代 男性 橈骨神経麻痺(下垂手)からの改善例

山口県から来られたサッカー中国リーグで活躍する選手 右足関節捻挫改善例

長崎県から来られた高校2年生 女子ハンドボール選手 左膝関節外側支持機構、外側半月板損傷 受傷翌日の改善症例

直方市在住 高校2年生 女子バスケットボール選手 左大腿部打撲の改善例

大分県 高校3年生 男子ハンドボール選手 インターハイ試合時に左腓腹筋打撲 受傷当日、翌日の治療改善例

大分県から来られた高校1年生 女子ハンドボール選手 左膝関節外側側副靭帯損傷 受傷翌日の改善例

大分県から来られた高校1年生 女子ハンドボール選手 右足関節捻挫 受傷翌日の改善例