雨前や寒くなる時に頭痛や肩、腰、膝や古傷などが痛む

 

雨前や寒くなる時に頭痛や肩、腰、膝や古傷などが痛む

 

天候(気温、気圧)の変化で起きる痛みのメカニズム

 

雨が降る前は、気圧が低下し、耳の中にある内耳という器官が気圧の変化を感じます。

また、気温が低下すると皮膚や中枢の冷受容器が変化を感じます。

気圧や気温の変化が自律神経中枢を刺激して、交感神経が興奮すると血管は収縮しますし、痛みも感じやすくなります。

よく雨前や寒くなると古傷が痛みやすくなり、お天気がいい日は痛みが和らぐらのもこういった作用が関係します。

当院で設置している高圧酸素ルームはお天気の時と同じように高気圧の状態になります。

また酸素を圧縮することで、毛細血管の奥まで酸素が届きやすくなり、血流の改善や細胞レベルで活性化されます。

雨前に頭痛や頚、腰などの痛みでお悩みの方は、すみだ整骨院の治療と酸素ルームをご利用してみてください。

酸素ルームだけの利用も可能です。

※気候変化に伴う痛みの治療は、怪我ではないので保険外治療となります。