[手根管症候群]手の痛みで目が覚める、起床時に手が痺れる、育児中のお母さんで授乳中や抱っこの時に手が痺れてきたなんてことはありませんか?

手の痛みで目が覚める、朝起きると手が痺れる、だるく感じる、痺れがあって上手く指が使えない、また育児中のお母さんで授乳中や抱っこの時に手が痺れてきたなんてことはありませんか?

それは、手根管症候群かもしれません。

上記のような症状でお困りの方は、ぜひ最後までお読みください。

手根管とは

手の手根骨という骨の列とその上を覆う靭帯で構成するトンネルのことで手首の写真の部分にあります。

そのトンネルには指を動かす腱が9本、神経(正中神経)が通ります。

手根管症候群の原因

炎症により腱や、腱の周囲の腱鞘と呼ばれる部分が厚くなる、滑膜が浮腫を起こし、手根管の中が狭くなってしまい、神経や血管を圧迫して発症します。

手首や指先を使いすぎることに加えて、糖尿病、リウマチ性関節炎、アミロイドーシス、サルコイドーシスなどの内科的要因や妊娠、産後、加齢などのホルモンバランスの変化などでも発症しやすくなります。

その他に、手の周囲の外傷(骨折、脱臼又はそれによる腫脹)後に発生することもあります。

手根管症候群になりやすい年齢、性別

妊娠、出産時期、更年期の女性、手の小さい女性に多く見られ、さらに利き手に発生頻度が高いです。

しばしば両手に発症するケースもあります。

症状

神経が圧迫されて起こる痛みや痺れ、感覚異常、重症化すると母指球(親指の付け根)の筋肉が萎縮します。

痛みや痺れは夜間~明け方に強くなる傾向があります。発症初期では、起床してすぐに手を振ることで軽減します。

感覚異常は、親指~薬指の親指側半分までに痺れを感じます。この部分か正中神経の範囲になります。

箸やボタンをかける、つまむ動作等の指先を使う細かな作業がしにくくなります(巧緻運動障害)。親指を小指側に向ける動作(母指対立運動)が出来なくなります。

症状による分類

グレード1(軽度):感覚障害があるが運動障害や母指球(親指の付け根の筋肉)の筋萎縮は認められない。

グレード2(中度):感覚障害と軽度の筋萎縮があるが、つまむ動作の障害がない若しくは軽度。

グレード3(重度):母指球(親指の付け根の筋肉)の筋萎縮とつまむ動作の障害が起こる。

すみだ整骨院での治療

手根管症候群の検査をする前に頚椎ヘルニアなど頚からの問題や胸郭出口症候群など他の原因がないかしっかり検査を行います。

手根管症候群の徒手検査

チネルサイン

手根管の部分を軽く指で叩きます。手根管症候群の場合は、手や指先に痺れが広がる感覚が出ます。

ファーレンテスト

両手の甲を合わせる形をとり1分間維持する。

手根管症候群の疑いのある場合は、痛み、ダルさ、痺れが出てきて保てなくなります。

パーフェクトO徴候

親指と人差し指で丸を作ろうとすると、親指や人差し指の第1関節が曲がりにくい為、きれいな丸が出来ずに涙のしずくのような形(ティアドロップサイン)になる。

パーフェクトO徴候

超音波画像観察装置(エコー)による手根管内や正中神経の状態の確認を行います。

痛みが出ない程度のストレッチのような手技で神経の伝達を改善させる治療を行います。

患部の神経伝達を促す低出力レーザー治療を行います。

患部の安静が可能であれば、日中に1~2週間の間、サポーターによる固定を行います。日中の固定が出来ない方は、睡眠時に手首が下に下がらないように固定を行ってもらいます。

サポーター固定 

整形外科での治療

上記の徒手検査やレントゲン撮影、MRI撮影、エコー撮影、電気生理学検査などで、確定診断を行います。

保存療法(手術をしない治療)

ステロイド注射を行い、サポーター等を使用しての自然治癒を図ります。

夜間に痛みが強くなる、耐え難い痺れがある、母指球(親指の付け根)の筋肉が萎縮している、注射や装具療法でも症状が改善しないなどの症例には、手術により手根管の屋根にあたる横手根靭帯を切りとり、手根管を開放する手術を行うことが多いです。

手根管症候群セルフチェックリスト

□ 朝方に手の痛みで目が覚める

□ 朝方に手の痺れを感じる

□ 親指と人差し指できれいな丸が作れない

□ 手首や手根管の上を軽く指で叩くと1~4指に痺れが走る

□ 親指を小指側に向けて曲げづらい

□ 親指の付け根の筋肉が反対の手と比べて萎縮(やせ細っている)している

上記の症状が一つでも当てはまるようでしたら早めに整形外科、またはすみだ整骨院にご相談ください!

実際に、すみだ整骨院に来られる患者様のほとんどが、軽度の症状です。ただ、レントゲン撮影では、骨に大きな問題がないことがほとんどである為、正確な診断がついていないこともあるようです。その為、数年以上、軽度の症状が出ている患者も少なくないです。徒手検査やエコーで判断して治療を行い、改善される患者様が多いです。ただ、母指球(親指の付け根の筋肉)筋の萎縮がみられ、母指の細かい動きが出来なくなっている場合、すみだ整骨院で治療を行っても完全に元通りに治ることは難しいです。手術適用となりますが、それでも完全に元通りに治るか難しい所です。早期発見、早期治療が大事ですね。